症状・症例


満足度80%
■15種23個の縫合間接になるため、微妙で難しい面もありますが、口が開かないとか、食べ物を噛むと痛みが出るといった方が来院されます。そして、なんとか満足していただいています。前頭骨や後頭骨、頬骨、側頭骨、上顎下顎骨等を矯正すると鼻づまり鼻中隔の曲がっている方、頭痛、眼の疲れ、噛み合わせ等いろいろな症状に影響を受けます。
■また、ほんの少しですが、顔のバランスも整えますし、イビキの治療の講習会を修了しています。

      矯正